コッカプー(Tプードル×Eコッカー) 2010年9月27日生まれのアレク♂です。 よろしくね


by アレクの母

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

冬のわんわんラグーナ
at 2017-11-05 20:27
ひるがの高原&高山へおでかけ
at 2017-10-01 21:41
忘れられない言葉
at 2017-09-23 21:46
医療ソーシャルワーカー
at 2017-09-17 20:25
入院中
at 2017-09-09 21:01

カテゴリ

全体
アレク
お出かけ
手作り

キャンプ
釣り
グッズ
トリミング
グルメ
わんこ
分類なし
健康
生活
未分類

フォロー中のブログ

Happy Life w...
えるザイル

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

犬
日々の出来事

ファン

画像一覧

医療ソーシャルワーカー

若い女性の医療ソーシャルワーカーが担当でした。
退院後の生活等についてお手伝いをしていただけると始めは言っていた。
あ~色々相談に乗ってくださる方なんだ!と家に帰ってから夫にこんな人が来てね、色々今後のことを考えてくれるみたい・・・と報告した。

退院後はどうしたいかと尋ねられた時に「できることなら家に連れて帰ってあげたい」と伝えた。
翌日ソーシャルワーカーがやってきたときには
「先生と相談したら点滴を外したら脱水状態になってしまうので退院は無理だそうです。ここは救急病院なので療養型の病室を持つ病院へ転院を考えてください」
と言われ地図を見せられた。

義父が毎日車を運転して病室で何時間か過ごしていることを考えると、義父が通える範囲であることが第一条件だと言うことで2か所を候補に挙げた。
その後も毎日、病室へやってくるんだけど徐々に話が変わってくる。
転院するにはA病院は点滴のままで受け入れ可能。第一希望のB病院は点滴はしない。胃ろうなどで流動食を入れることになる。

家族で検討し点滴をしてくれるA病院に決めた。

それを伝えるとA病院のソーシャルワーカーへ直接電話で連絡して面談の日を決め、家族で先方の病院へ行って見学し話を聞いて納得したら転院の手続きをします。と説明された。

翌朝電話をしたら、全く話は違い前もって見学したいならしてもいいけど、面談をした後によく考えてみますでは困る。その場で決断してもらわないと困る。こちらでは持病で長年続けていた投薬は一切中止しないといけないと伝えられた。

義母は今まで少しずつ少しずつ薬を増やして薬のおかげでなんとか生活できていたのに投薬をやめることは受け入れ難い条件だった。
それを聞いた後、家族は全員転院を躊躇し始めた。
積極的な延命治療はしないと決めたが今ある命を縮めるなんて思いもしないことだった。









[PR]
by joli-alec | 2017-09-17 20:25 | 生活