コッカプー(Tプードル×Eコッカー) 2010年9月27日生まれのアレク♂です。 よろしくね


by アレクの母

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

ひるがの高原&高山へおでかけ
at 2017-10-01 21:41
忘れられない言葉
at 2017-09-23 21:46
医療ソーシャルワーカー
at 2017-09-17 20:25
入院中
at 2017-09-09 21:01
お別れ
at 2017-09-03 20:49

カテゴリ

全体
アレク
お出かけ
手作り

キャンプ
釣り
グッズ
トリミング
グルメ
わんこ
分類なし
健康
生活
未分類

フォロー中のブログ

Happy Life w...
えるザイル

外部リンク

最新のコメント

まだ若い女性のソーシャル..
by joli-alec at 21:52
自分のお母さん、又はおば..
by nanaile at 21:41
bluephoebeパパ..
by joli-alec at 20:14
おぉ~、ぺんぺんとの出会..
by bluephoebe at 19:36
bluephoebeパパ..
by joli-alec at 20:24
緑や青空が眩しくて、春っ..
by bluephoebe at 23:17
bluephoebパパ、..
by joli-alec at 20:22
おぉ~っ、当たったんです..
by bluephoebe at 21:21

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

検索

記事ランキング

ブログジャンル

犬
日々の出来事

ファン

画像一覧

カテゴリ:生活( 10 )

忘れられない言葉

転院しようと思っていた病院の電話での対応があまりにも心無い印象で悲しくなった。

主治医の先生は「ゆっくり考えたらいいですよ」と言ってくださった。
そして先生がサインしないと転院もできないことも教えてくださった。

その言葉に甘えて、転院予定の病院での面談日を少し延期させていただくことにした。

そして担当のソーシャルワーカーからの電話が仕事中にもどんどんかかるようになった。
「夕方、病院へ行きますから!」と言っても早急に転院を促す話の電話が続いた。

とにかく早く決断をするようにあの手この手で徐々に言葉もきつくなってきたので
「義母の命を縮める決断を早くしなさいと言うことですか?」と聞くとはっきり
「ハイ」と答えた。
あの「ハイ」の一言はあまりにもきつい言葉だった。

4人部屋の時は廊下での立ち話だったけれど個室に移ってからは私が病室に着く前に病室に入って待っていた。
義妹にも説得を始めていた。

そんな日が続き、毎日義母の所に行きたいけれどソーシャルワーカーの顔を見たくない、気が滅入る日々だった。
初めに点滴を外せないので家には帰れないと言っていたのに「今のままの薬を続けたいのなら家に連れて帰ってください」とまで言われた。

いつまでも話を延ばして受け入れ先がなくなることも怖かった。

それで8月に入った頃、転院の話を進めることにした。
それで先生に、その気持ちを伝えようとしたら先生から
「この状態で転院させるのも僕も辛いので、最後までここにいる?

嬉しかった。涙があふれてきた。思いっきり頭を下げてお礼を言った。
やっと落ち着いて病室で母の手を繋いでいることができた。

それから10日ほどだったけれどその病院で看護師さん達の手厚い看護を最後まで受けることができた。

[PR]
by joli-alec | 2017-09-23 21:46 | 生活 | Trackback | Comments(0)

医療ソーシャルワーカー

若い女性の医療ソーシャルワーカーが担当でした。
退院後の生活等についてお手伝いをしていただけると始めは言っていた。
あ~色々相談に乗ってくださる方なんだ!と家に帰ってから夫にこんな人が来てね、色々今後のことを考えてくれるみたい・・・と報告した。

退院後はどうしたいかと尋ねられた時に「できることなら家に連れて帰ってあげたい」と伝えた。
翌日ソーシャルワーカーがやってきたときには
「先生と相談したら点滴を外したら脱水状態になってしまうので退院は無理だそうです。ここは救急病院なので療養型の病室を持つ病院へ転院を考えてください」
と言われ地図を見せられた。

義父が毎日車を運転して病室で何時間か過ごしていることを考えると、義父が通える範囲であることが第一条件だと言うことで2か所を候補に挙げた。
その後も毎日、病室へやってくるんだけど徐々に話が変わってくる。
転院するにはA病院は点滴のままで受け入れ可能。第一希望のB病院は点滴はしない。胃ろうなどで流動食を入れることになる。

家族で検討し点滴をしてくれるA病院に決めた。

それを伝えるとA病院のソーシャルワーカーへ直接電話で連絡して面談の日を決め、家族で先方の病院へ行って見学し話を聞いて納得したら転院の手続きをします。と説明された。

翌朝電話をしたら、全く話は違い前もって見学したいならしてもいいけど、面談をした後によく考えてみますでは困る。その場で決断してもらわないと困る。こちらでは持病で長年続けていた投薬は一切中止しないといけないと伝えられた。

義母は今まで少しずつ少しずつ薬を増やして薬のおかげでなんとか生活できていたのに投薬をやめることは受け入れ難い条件だった。
それを聞いた後、家族は全員転院を躊躇し始めた。
積極的な延命治療はしないと決めたが今ある命を縮めるなんて思いもしないことだった。









[PR]
by joli-alec | 2017-09-17 20:25 | 生活 | Trackback | Comments(2)

入院中

義母が救急搬送された日には色々検査をした結果「特に原因はつかめないのでこのままお帰りください。明日の朝、外来で受診してください。」と救急医に言われた。
高熱のため意識もはっきりしていない義母をこのまま連れて帰り翌日外来の待合室で長時間待たせるのなんて酷なことは私にはできないと思い、その気持ちを先生に訴えた。
次に先生が戻ってきたときは「ICUの個室が空いているので今日は入院してください。」と指示があった。
つまり病室の空きがなかったらしい。

原因がつかめないと言うので「CTを撮って結石はなかったんですか?」と尋ねたら普通に「ありますよ」と軽い返事だった。
その時、じゃあ尿管結石による腎盂腎炎で高熱が出てるんじゃないの?と思ったけれどさすがにプロの医師にそんな失礼なことを口には出さなかった。

翌日主治医から伝えられた病名は私の想像通りだった。
しかし肺血症を起こしているところまでは思いつきもしていなかった。
しっかりしてくださいね、救急のドクター!

2日目には一般病室が空き移された。
その日に看護師から転院について話があったらしく、夕方義母が「別の病院へ移されるらしいよ」と悲しそうに教えてくれた。
帰りにスタッフステーションへ寄って「申し訳ありませんが頑張って治して退院しようとしている義母に転院の話はやめてください」とお願いしてきた。

それから1週間もしないうちに医療ソーシャルワーカーから電話があり、その日から毎日私が義母の部屋へ着いた頃にそこへやってくるようになった。


[PR]
by joli-alec | 2017-09-09 21:01 | 生活 | Trackback | Comments(0)

お別れ

8月13日義母が静かに息を引き取りました。
1か月半の入院で「痛い」「苦しい」と訴えていたのも最後の1週間ほどはそれを訴えることもできなかったけれど最期は穏やかな眠りで旅立ちました。
私は平日は毎日仕事帰りに、土日は夫と一緒に朝夕、病室へ行っていたけれど、夫は仕事の都合で平日は行けなかった。
一週間前の日曜日の夕方、病院を後にするときに夫は
「今度の土曜日まで頑張ってくれたら休みに入るから毎日来れるから頑張ってくれよ」
と耳元で声をかけて帰ってきた。
そして義母は本当に1週間待ってくれた。
お葬式もすべて休み中に済ませられるように気を使ってくれた。
本当に感謝です。


6月27日いつものようにデイサービスから帰宅した後、不調を訴えた義母の為にお粥を用意し食卓を囲もうとしたが全く手を動かそうとしない。
「気持ち悪い」というので居間のソファーに移し検温すると38度を超えていた。
しばらくすると体が大きく震えはじめたので夫が救急車を呼んだ。
救急隊が到着したときには体温は40.2度
反応が鈍くなっていた。

その日から入院生活が始まった。
尿管結石による腎盂腎炎で敗血症を起こしていた。
腎臓にある石を取り除く手術は体重30キロの義母にはさせたくないと言う義父の意見を尊重し点滴による治療を選択した。
それは徐々に体力を失い亡くなることも覚悟しないといけない選択だった。
延命治療はしなくて良いと義父は先生に伝えた。

点滴による治療でしばらくは絶食だけど食べられるものがあれば食べさせても良いと先生が言うので義母に伝えると家にあるミカンが食べたいと言った
家にあったネーブルの皮をむいて一口大にして容器に入れ義父に持って行ってもらい食べさせてもらった。
喜んで食べたと言うので翌日は桃を一口大にして持って行ってもらった。
その日の夕方、義母は「桃、美味しかったよ」と喜んでくれていた。
翌日はメロン。
しかしメロンを用意した頃には嚥下がひどくなりあまり食べられなくなっていた。
それなら桃をスムージーにして持って行きスプーンで口に運んだら食べてくれた。
その翌日はメロンのスムージー。
もうスムージーも飲見込めなくなってきた。

お茶も水もとろみをつけたものを少しずつ口に運ぶがしばらくすると痰が絡み苦しそうになり喉や鼻から管で吸引をしてもらう。
そんな繰り返しになってきた。

それでも義母に退院できるまで頑張ってもらおうと思っていた。
しかし、今の健康保険の制度か病院の方針なのかよく知らないが、それは叶わぬ望みらしい。
それから病院側の医療ソーシャルワーカーとの戦いが始まった。

この件に関してはまた少しずつ・・・・

[PR]
by joli-alec | 2017-09-03 20:49 | 生活 | Trackback | Comments(0)

空梅雨

梅雨入りしたのにからっとした週末です。
土曜日は母と一緒に月一の革教室。
母は可愛い孫へのプレゼントをせっせと作り、私は作りかけのバッグの仕上げやカメラストラップなどあれこれ手掛けて何も出来上がらない。
結局仕上がったのは、去年知人から頂いたカメラ用三脚のハンドルが劣化してきたので革を巻いてリメイク。
適当にヌメ革を巻いて終わりの予定が先生に「染めます?」と聞かれたときに急に赤が頭に浮かんで、赤いハンドルにしてみました。
ちょっとおしゃれな三脚に変身!

e0213360_20382184.jpg

日曜日は朝から曇り空。
久しぶりにお庭わんでのんびりしてきました。
蒸し暑くなるかと思えば昼になっても涼しく過ごしやすいく、アレクも喜んで走り回っていました。
e0213360_20383048.jpg
e0213360_20384081.jpg

さて、昨年のルバーブを知りジャムを作ったら美味しかったので、秋頃に苗を買って畑の隅に植えてみた。
寒いのには強いというので安心はしていたけれど葉っぱが枯れたようになったが春には新しい芽が出て大きく育ってくれている。
しかし!
どうやら暑さには弱いらしい。
1年目は大きく育てるためには収穫せずに育てた方が良いらしく今年の収穫は見送ることにしているのでこの夏を乗り越えてくれないとジャムができな~い
そのため遮光ネットをかけてあげました。
ネットの中では元気に育っているけれど、どうかこの夏の暑さに耐えてくれますように!
e0213360_20354292.jpg


[PR]
by joli-alec | 2017-06-11 20:39 | 生活 | Trackback | Comments(0)

GW突入しました

夫は9連休、私はカレンダー通りの予定だったGW前日に突然、9連休をもらえることになりました。

初日29日は楽しみにしていたわん友さん達と公園でBBQ
早めスタートで10時頃には全員集合。
お肉、大ハマグリ、サザエ、玉ねぎの丸焼き、焼きおにぎりとBBQメニューが終わりかけた頃、京都土産の美味しい食パン登場。
残った炭火で焼いた食パンも最高!
他にもケーキを焼いて来てくれたり、わんこおやつを作ってきてくれたり
人もワンコも大満足

とても穏やかな日でハンモックに揺られたい気分だね~
なんて言いながらも天気予報サイトの雲の動きを注意しながら楽しんでいたので、雲の動きを察知して3時頃には撤収。

撤収と同時に突風、車に乗った途端、雨粒が・・・

み~んな濡れることなく楽しい一日となりました。

そして今日30日は朝から動物病院。
狂犬病の予防接種。
そして以前は家でやっていたお耳の毛を抜くこと、足の爪を切ることを最近は嫌がるのでとっても丁寧にやってくださる先生にお願いしています。

アレクは駐車場に着いたら車を降りる前からブルブル震えだし待合室では震えが止まりません。
でも診察台に乗ってからもずっと私が抱きしめて処置してもらし無事すべてを終了。
私が会計を済ませる時に駐車場で夫がアレクにおやつをあげたら・・・
なんと拒否した!!!
そんなに怖かったんだね。
でもまた行くよ~(笑)

e0213360_21190920.jpg
e0213360_21173492.jpg
e0213360_21192109.jpg
e0213360_21191651.jpg
e0213360_21200787.jpg


[PR]
by joli-alec | 2017-04-30 21:45 | 生活 | Trackback | Comments(0)

3連休

ぽかぽかと過ごしやすい3連休でした。

初日は夫が午後から釣りに行きたい為に朝からお庭わんでアレク孝行。
久しぶりのお庭わんだったけれど上着がいらないとても過ごしやすい半日でした。
アレクもボールを追いかけて楽しそうに過ごしてました。
e0213360_20544918.jpg
2日目の朝は夫は釣り道具の片付け、私はお魚の下調理。
ひと段落したらアレクのお散歩。
春のお散歩はとっても気持ちが良いですね。
花粉症の夫には災難でしょうけれど。
彼岸桜やパンジーがきれいに咲いています。

e0213360_20542618.jpg
e0213360_20543376.jpg
そのあとは庭の草取り。
その草取りもぽかぽか陽気で気持ちが良い。
その庭にもお花がいろいろ咲き始めました。

サクラソウ
e0213360_20541738.jpg
水仙
e0213360_20544169.jpg
クリスマスローズ
e0213360_20542544.jpg
草取りをしながら何となく「BBQ日和だね~」と呟いてみたら釣り道具を洗っていた夫も「庭でBBQしよか?」
いつもなら午後から行く買い物も午前中に済ませ、昼ご飯はお庭でBBQ
以前お取り寄せして冷凍してあった厚切り牛タンとおにぎり、あとは野菜室から野菜など
アレクは見物だけだったけれどのんびりと午後を過ごしました。

e0213360_20550226.jpg

そして3日目は夫は出勤、私はお休み。
旧友と久しぶりに会ってお茶してきました。
話すことと言えば親の介護。
そんなお年頃なのよね~

そんな感じであっという間の3日が過ぎちゃいました。

また週末まで頑張ろう~!



[PR]
by joli-alec | 2017-03-20 21:13 | 生活 | Trackback | Comments(0)

春が待ち遠しい

今週は母の誕生日があったので土曜日はランチに誘いました。
母の好きなお花屋さんでお花を買ってお墓参りをして、
「碧南の医人展」なるものを観に行ってランチというコース。

幼い頃、熱を出せばいつも近所の「洋々医館」へ行っていた。
お寺のような立派な門構えの古い建物のお医者さんだったけれど
一番近い病院がそこだったので。

その洋々医館の前身、洋々堂を立ち上げた近藤担平
と、トクホンの名前の元となった永田徳本に関する展示です。
母も洋々医館の話をしたら見たいというので行ったのですが、耳の遠い母の耳元に大きな声で説明しながら入って行ったらすぐに係りの方に声が大きいと注意され、小声では母の耳には声が届かないので二人で黙々と展示物を見てきました。
近所の町医者だと思っていた洋々医館は実は昔は名医で遠方からも患者がやってきて近くには宿まであったらしく、
その洋々医館にあった大きな古時計が展示されていてまだ動いていたのには驚きでした。
e0213360_21421151.jpg

ランチの後はもう一度お花屋さんに戻って頼んでおいた母へのプレゼントのお花を受け取ってお家まで送り届けました。
ちゃんとしたお祝いは春になったらみんなで集まってしようね。

今朝、夫が洗車をしてくれているときに、草取りをしていたら怪しげなモノを発見。
気持ち悪くて触れないし・・・

e0213360_21422446.jpg
毒キノコ?
どうしたらいい?

と草の先っぽで突っついてみたら


e0213360_21421738.jpg
チーリップでした( ´艸`)
土の中から球根の皮の一部が残ったまま芽が成長してきただけでした。

ちょっとかわいかったのでもう一度帽子を被せておいた。

最後にアレクの登場です。

e0213360_21423045.jpg
e0213360_21423805.jpg
少し前に買ったK9のスポーツサック
色を選ぶときに夫がブルーをチョイスしたのでこれは夫用。
これでスキーに行きたいなぁ、と思って買ったけれど夫は先月から今月末まで土曜日は全部出勤。
今年のスキーは無理みたいなので早く春になるのを楽しみに待つことにしよう。



[PR]
by joli-alec | 2017-02-12 21:55 | 生活 | Trackback | Comments(0)

色気のない暮らし

先日、洗濯物を畳んでいて気付いた。


無彩色

私のインナー、タートルネック、タイツ、夫のインナー、ハイネック、ソックス

どれもこれもグレーばかりだった。
洗いたてのきれいなシャツもグレーばかり重なると気分もイマイチなんだなぁ


今日は某商社のファミリーセールに行ってきました。
衣類、生活用品、食品などいろんなものが買えるので私の服を探していたら店員さんに「お母様にお探しですか?」
そうか!私のセンスが年寄り臭かったんだ。
そこでグレーの服禁止令を発令(自分で)

でもきれいな色を探すと派手すぎるし結局買うことができない。

家に帰って買ったものを見たら衣類は夫の黒のハイネック、私の黒のスェットパンツ

グレー禁止令を出したら黒かい!

ついでにアレクのグレーのセーターも。。。

春になったらもっときれいな服、買おう

e0213360_20521409.jpg








[PR]
by joli-alec | 2017-02-05 21:07 | 生活 | Trackback | Comments(0)

明日からは暖かい朝が・・・

私、寒い朝が大の苦手。
なので冬の朝はエアコンのタイマーをセットし目覚めるころには部屋が暖かい状態にして起きます。

しかし

昨夏辺りから寝室のエアコンの調子がイマイチ
全く冷えない訳でもなく、全く温まらない訳でもないが快適な温度にならない状態を我慢して使ってました。
寝る前はレインボーストーブとコタツで快適に過ごせるのだが、朝が辛い。

それよりも暑いのが大の苦手な夫はこのままの状態のエアコンで夏を迎えたくない・・・らしい。

そこでとうとう買い替えの決意をいたしました。

先週末に注文をして以来、あと6日、あと5日・・・・あと1日と寒い朝を指折り数えて根性で起きていました。

そして今朝、とうとう新しいエアコンがやってまいりました。

試運転したら、あっという間に部屋が暖かい。

これだ!これだ!

明日の朝はきっと目覚まし時計の音と共にスッキリ起きられそう。。。。かな?
e0213360_21380539.jpg

e0213360_21380083.jpg

[PR]
by joli-alec | 2017-01-29 21:38 | 生活 | Trackback | Comments(0)